タンブレロの歴史


人が互いにボールを打ち合うという球技は、エジプト文明、メソポタミア文明など紀元前から世界各地でみられるそうだが、タンブレロ(Tamburello)の源流は、テニスと同じで、紀元前15世紀ごろのエジプトの壁画に確認することができるといわれる。イタリアでは、ローマ時代からさまざまな形でこの球技が行われたという。11世紀頃、ヨーロッパに進出してきたウマイヤ朝の影響が、テニスの原型とも言われる「ジュ・ド・ポーム (Jeu de paume)ジュドポーム(手のひらゲーム)」の始まりという説があり、ラケットという言葉はアラビア語の「rahat」が語源といわれ、「手のひら」という意味だそうだ。 

現在のタンブレロの原形となったゲームは、16世紀から18世紀ごろ、中世の北部イタリアで盛んだった、「Pallone col bracciale」 という、木製の円筒状の筒を前腕にはめてボールを打つ競技だと言われている。ちなみに、現在のテニスのラケットの原型が登場したのも14世紀のイタリアだそうだ。タンバリン(太鼓)の起源も同様に、エジプト文明、ギリシャ、ローマ帝国の頃からみられ、スポーツの(イタリア語のタンバリン)は、このバット(タンバリン)をラケットの様に使用してボールを打つことから、このスポーツの名が付いたと言われている。現在のタンブレロがイタリアで確立されたのは19世紀後半で、1896年にはイタリアでの最初の選手権が行われた。今行われている競技の公式ルールが最初に作られたのは、1920年だそうだ。(情報源:Wikipedia)

バット

競技で使用するバットは、タンバリン(太鼓)を原型とするバットで、タム・スポーツは現在、屋外でプレイされるアウトドア・タンブレロ、屋内で行われるインドア・タンブレロ、ビーチで開かれるタム・ビーチ、またボールではなく羽(シャトル)を使うタンブレリ(Tambourelli)の4競技がある。またブラジルでは、1937年にイタリアから移住した2人のイタリア人がビーチでタンブレロをしたのがきっかけとなり、独自の発展を遂げ、現在はタンブレウ(Tamboreu)とい人気スポーツになっている。

*ウィキペディア「タンブレロ」2008年4月26日(土)08:05 のTamburellojapanによる投稿は、このWebページの作成者によるものです